スキップフロアの家/旗竿敷地専用住宅

   ご覧いただきましてありがとうございます。

   この場所は大学関連施設が複数周辺に建つ閑静な住宅地になります。
   敷地形状は旗竿の敷地で、第一種低層住居専用地域のため高度斜線及び日影規制が厳しかったので、
   それらをすべてクリアするために建物の配置を熟慮しました。
   建物の断面構成はオーナー様の希望でスキップフロアになっていて中間階に余剰空間をつくり出し
   12帖を越える納戸空間をつくりました。
   また、周辺より少しだけ高い場所に建つので、最上階にLDKを設けてたっぷりの自然光と遠方まで
   見渡せる眺望を建物に取り込むことができました。


   建物概要
   敷地面積:116.16m2(35.13坪)
   延床面積:153.28m2(46.36坪)
   規  模:地上3階建
   構  造:木造在来軸組工法
   地盤改良:地盤改良無
   用  途:専用住宅
   
  

LYH
北側旗竿部分から建物の全景をみる
外壁は耐候性と汚れ対策を考慮してブラック系のガルバリウム
鋼板を採用しました。
住み始めてから外構に庭園灯や植栽を植えていく予定です。

LYH
南側隣地内から建物の全景をみる
隣地の庭には大きな木がたくさんあり、借景にもなりますが
視線を遮ることにもなってしまうので、樹木の配置に
注意しながら開口部の位置を配置しました。

LYH
南側隣地内から建物の全景をみる

LYH
1階玄関ホールをみる
オーナー様の希望で大人3人が横に並んでも大丈夫な広さの
玄関ホールを設けました。
実は正面に階段下を利用したトイレを設けたのですが、
その存在を隠すすために天井一杯の大きな扉を設けて、
壁と一体感が出るように計画しました。

LYH
1階玄関からSICをみる
玄関脇にSICを設けて整理整頓された玄関になるよう
配慮しました。SICは収納スペースではあるのですが、
自然光が射し込むように計画しました。

LYH
1階BRをみる
都内だと1階に設けた部屋にあまり自然光が射し込まないのですが、
隣家が隣地境界からかなり離れた場所になっているので、
明るくて緑が楽しめる環境の個室になっています。

LYH
1階書斎をみる
とてもたくさんの書籍を所有されているので、壁一杯に本棚を
設けました。作業机からは目の高さに窓を設けて外の坪庭を
楽しめるように計画しました。

LYH
階段をみる
階段は吹き抜け空間も兼ねるので、上階の階段はストリップ階段にして
上階で取り込んだ自然光を下階まで届かせるように計画しました。

LYH
2階ランドリールームをみる
急な天候の変化を気にしなくてもよいように4.5帖のランドリー
ルームを設けました。天井には収納できるタイプの物干しを
採用したので、天井に収納してしまうと多目的室としても利用できます。

LYH
2階収納をみる
中間階に設けたので天井高は1.2Mと低いのですが、12帖を越える
広さがあるので、たくさんの物を収納することが可能です。

LYH
2階洗面室をみる
既製品の洗面化粧台を希望されていなかったので、
集成材を利用したシンプルな造作洗面化粧台を採用しました。

LYH
3階リビングをみる
第一種高度斜線の影響を受けてしまう場所なので。左側の天井高で
約1.3m、右側で約3.5mと特異な形状のリビングになっています。
写真左側の開口部の先には陸屋根が広がり、視線が抜けるので
リビングは数値以上の広さを感じることができます。
トップライトと右側の高窓で、一年を通じて明るいリビングに
なっています。


TOP設計方針概要仕事の進め方設計料実績計画案お客様の声お問い合わせsitemaplinkfacebook

株式会社 五十嵐賢治建築設計事務所 / Kenji Igarashi and Associates CO.,LTD.
〒158-0082 東京都世田谷区等々力8-25-9モナーク等々力304
TEL:03-3702-8557
mail:igaken@igarashikenji.com/URL:http://www.igarashikenji.com/