等々力の家/ビルトインガレージ付狭小住宅

   ご覧いただきましてありがとうございます。

   敷地条件によりますが、通常玄関ドアを開けた時に室内が丸見えになるのを避けるように計画して
   おり、その一例となる住宅になります。
   建物と東側隣地境界との間に人が通れるスペースを確保して玄関を建物中央部に配置しました。
   その結果、廊下のような無駄な空間を極力無くすことができ、SICやファミリークローゼットのスペ
   ースを充実させることができました。
   特長として1階玄関から直接浴室へ行ける経路上にSICやファミリークローゼット、室内物干しスペ
   ースを設けました。
   2階は大きな引戸を開放させると28帖のワンルームとなり、風通しのよい明るい環境にすることも
   できます。また、余剰空間を利用した大容量の小屋裏収納を設けて2階のLDKと空間を繋げることで
   畳数以上の開放感を得ることができました。


   建物概要
   敷地面積:186.10m2(26.04坪)
   延床面積:194.79m2(28.67坪)
   規  模:地上2階建+ロフト
   構  造:木造枠組壁(2×4)工法
   地盤改良:杭状地盤無
   用  途:専用住宅
   
  

SYH
南側前面道路から建物の全景をみる
1階にはビルトインガレージを設け、建物右側の隣地との
余剰空間を利用して玄関までのアプローチを確保しました。
2階バルコニーの跳ね出している部分のボリュームを大きくする
ことで、前面道路を歩いている人の視線を遮るようにしました。

SYH
1階玄関をみる
玄関を入ると正面にアクセントウォールとなるタイル貼りの
手洗いコーナーが鎮座しています。
玄関左側には奥行3.8MのSIC、SICと手洗いコーナー背面
の2つのドアから行くことができる洗面室兼室内物干し
スペースが配置してあります。
汚れた物はここより先に持ち込むことがない計画になっています。

SYH
1階手洗いコーナーをみる
玄関から見える場所のため集成材の造作洗面化粧台を採用しました。

SYH
2階リビングからダイニングキッチンをみる
20帖越えのLDKとなり、開放感を出すために小屋裏収納へ通じる
階段はストリップ階段にしました。
天井は勾配屋根の形を活かして変化を与えました。

SYH
2階リビングをみる
リビングから見上げると、小屋裏収納のアイアン手摺が見え、
壁で空間を仕切るより広がりを得られるようになっています。

SYH
2階キッチンからストリップ階段をみる
コストを考えると鉄骨階段より集成材でつくったストリップ階段の方が安価です。
ただ、ごつくなってしまうため軽やかに見えるように桁を壁と同系色に塗り、
段板だけが浮いているように見せる工夫をしました。

SYH
2階キッチンの壁面収納をみる
キッチン背面に収納を造作でつくる場合はオーナー様と
しっかり打合せをして棚の枚数や位置、割付と詳細に決定します。
自由度が高いので同じようなデザインには絶対になりません。

SYH
2階書斎をみる
書斎は仕事場でもあるので、他の部屋よりワントーン落として
落ち着いた色合いに仕上げました。

SYH
2階書斎からLDKをみる
2つある引戸を開放すると、南側にあるLDKと繋がり
28帖を越える大空間へと変貌します。


TOP設計方針概要仕事の進め方設計料実績計画案お客様の声お問い合わせsitemaplinkfacebook

株式会社 五十嵐賢治建築設計事務所 / Kenji Igarashi and Associates CO.,LTD.
〒158-0082 東京都世田谷区等々力8-25-9モナーク等々力304
TEL:03-3702-8557
mail:igaken@igarashikenji.com/URL:http://www.igarashikenji.com/