野沢の家2/ビルトインガレージ付専用住宅

   ご覧いただきましてありがとうございます。

   都内では高度斜線の影響を受けることが多いため屋根の形が斜めになってしまうのですが、この場所も
   同様でその形を前面道路から見えなくすること 。道路反対側に3階建てのマンションがありそこからの
   視線が気になるので、それをコントロールすることがテーマとなりました。
   また、敷地の幅一杯にゲートをつくり、ボリューム感のある外観を目指しました。
   内装はパティオを設けること、LDKは単純な大空間ではなく、緩やかに仕切りながら一体感もつくり出す
   ことを創出しました。
   空調システムは全館空調を採用して、家の中の室温差ができないように計画しているので開放的な空間を
   を実現することができました。


   建物概要
   敷地面積:119.48m2(36.14坪)
   延床面積:174.76m2(52.86坪)
   規  模:地上3階建
   構  造:木造枠組壁(2×4)工法
   地盤改良:杭状地盤無
   用  途:専用住宅
   
  

TRH
北側前面道路から建物の全景をみる
外観正面はラグジュアリー感を持たせるために総タイル貼とし、
屋根の三角形を見せず、スクエア感を強調するために
道路に面して設けたゲートや2階外壁の大きさを調整しました。
左側に特注製作したオリジナルの門扉、右側にシャッター付
ビルトインガレージを配置しました。

TRH
北側前面道路、北西よりから建物の全景をみる
道路反対側に3階建てのマンションがあり、そちらからの
視線が気になるため道路側壁面の開口部はアクセント
になる縦長スリットの開口部のみにしました。

TRH
玄関アプローチをみる
道路に面して設けられた門扉をくぐると、青空が広がる
玄関アプローチへと導かれます。玄関アプローチ脇には
ビルトインガレージがあり、雨に濡れずに玄関へ移動できます。

TRH
1階玄関ホール越しにギャラリーをみる
玄関を開けると奥行8.0M、幅2.0Mのギャラリー空間が来訪者を出迎えます。
玄関右側には間接照明で演出されたボーダータイル貼の壁があり、
床は総タイル貼のラグジュアリー感溢れる空間になっています。
ギャラリーには2階へ通じるストリップ階段とその奥に自然光が
降り注ぐパティオを見ることができます。

TRH
1階玄関ホール
玄関ホールには吹き抜け空間があるので、2階からの自然光により
明るく清潔感のある印象の空間になっています。

TRH
1階ギャラリーからパティオをみる
設計当初からオーナー様がこだわっていたパティオになります。
パティオはプライバシー保護の観点から背の高い壁になっていますが、
屋根がないため終日自然光が降り注ぐ明るい空間になっています。
パティオ内には樹木を受けることができ、間接照明で演出も可能です。

TRH
2階階段から1階玄関ホールをみる
床フローリング材はブラックウォールナットを採用して
重厚感のある落ち着いた雰囲気の空間になっています。
手摺は開放感を得られるようにアイアン手摺を採用しました。

TRH
2階リビングからダイニングキッチンをみる
広さは約34帖で、奥行12.0M越えのLDKになります。
中央部分で天井高2.55Mあり、とてもゆったりとした開放感のある空間になっています。
右側にある折り上げ天井には全館空調用のダクトが設置されていて
こちらから冷風温風を吹き出し、室温をコントロールしています。
折り上げ天井部分にはLED間接照明が仕込んであり、照明の点灯方法で
LDKの雰囲気をガラリと変えることも可能です。

TRH
2階リビングをみる
壁掛けテレビを取り付ける壁はボーダータイルを貼り、ラグジュアリー感を演出しました。
リビング右側にアウトドアリビングとして利用可能な5.5帖のバルコニーを設け、
左側にはダイニングキッチンと緩やかに仕切るためにストリップ階段を設けました。

TRH
2階リビング越しにバルコニーをみる
幅2.5M、高さ2.2Mの大型サッシを設けることでリビングと
バルコニーの連続性を創出しました。
リビング内に生活感を出さないために大容量の壁面収納も用意しています。

TRH
2階バルコニーをみる
右側にリビング、左側外壁の先には3階建てのマンションが建っています。
マンションからの視線を遮るためにバルコニーの壁を高くしましたが、
屋根無しのバルコニーなので建物北側にあっても明るくかつ
プライバシーが確保された場所になっています。
バルコニーの奥は吹抜になっていて1階玄関アプローチと繋がっています。

TRH
2階リビングから階段越しに手洗いコーナーをみる
オリジナルのアイアン手摺で開放感を演出して、階段を上がった先に
隣家の桜が借景として楽しめる手洗いコーナーを設けました。
階段上部は屋根勾配なり天井を高くして空間に変化を与えることで
より大きな吹き抜け空間を創出しました。

TRH
2階手洗いコーナーをみる
1階から階段を上ってくるとこのような風景が目に飛び込んできます。
正面には隣家の桜の木が見え、四季を感じられる場所でもあります。
洗面台は集成材で製作したオリジナルで、階段から上がってきた時に
カウンターの下が見えてしまうので、正面に幕板をつけて、
アート性のある洗面台にしました。

TRH
2階キッチンダイニングをみる
キッチンダイニングは一体感を出すために天井に折り上げ天井を設けました。
収納はキッチン奥にL字型に配置したカップボード、キッチン背面に壁面収納
タイプのパントリーを設けて、とても充実した収納スペースになっています。

TRH
2階キッチンダイニングをみる
キッチンに立つと正面に1階と繋がるパティオを眺めることができます。
キッチンはアイランド型を採用してご家族やご友人と一緒に団欒を
楽しみながら作業をすることができます。
奥に見えるのはリビングになり、ストリップ階段で空間を絞ることで
緩やかにLDKを仕切ることができました。

TRH
3階階段から2階LDKをみる
ストリップ階段は建物の中央に配置したのですが、南北に長い建物のため
LDK中央部分が暗くならないように階段上部にトップライトを設けて、
2階LDKがバランスよく明るくなるように計画しました。

TRH
3階書斎をみる
こちらの部屋のみグレー系の壁紙にして落ち着いた
雰囲気の隠れ家のような場所になります。

TRH
1階パティオから上空を見上げる
周辺には建物が密集して建っていますが、外壁を高くすることで周辺の視線を遮り、
ここでしか味わえない青空を心置きなく楽しむことができる場所になりました。


TOP設計方針概要仕事の進め方設計料実績計画案お客様の声お問い合わせsitemaplinkfacebook

株式会社 五十嵐賢治建築設計事務所 / Kenji Igarashi and Associates CO.,LTD.
〒158-0082 東京都世田谷区等々力8-25-9モナーク等々力304
TEL:03-3702-8557
mail:igaken@igarashikenji.com/URL:http://www.igarashikenji.com/