奥沢の家/ビルトインガレージ付狭小住宅

   ご覧いただきましてありがとうございます。

   こちらの住宅は、敷地の南北に接する旗竿敷地の駐車場及び玄関アプローチ部分と建物内のバスコートを
   利用して、かつ東側前面道路利用者や隣人の視線をコントロールする壁や開口部を適宜設けながら風の通
   り道と自然光を確保できる住宅を目指して設計をスタートしました。
   お客様への引き渡しの際、ご主人から「大満足です、これから住むのがとても楽しみです」というお言葉
   をいただき、私も素敵なご家族と一緒に家づくりができて本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
   このような出会いがもっと増えればと思いました。

   建物概要
   敷地面積:156.78m2(17.17坪)
   延床面積:107.32m2(32.46坪)
   規  模:地上3階建+ロフト
   構  造:木造枠組壁(2×4)工法
   地盤改良:杭状地盤補強
   用  途:専用住宅
   施  工:株式会社One's Life ホーム
   
  

YJH.01
東側前面道路から建物の全景をみる
1階にはビルトインガレージを設け、建物左側の隣地との
余剰空間を利用して玄関までのアプローチを確保しました。
結果的に余剰空間を利用したことで建物内にバスコートを
つくることができ、狭小住宅でありながら入浴時間を
ゆっくりと楽しめる場所を実現することができました。

YJH.02
東側前面道路、南よりから建物の全景をみる
ブルーシートが敷いてあるところが玄関アプローチになり
ます。隣地の駐車場スペースと一体化しているので閉塞感
はまったくありません。

YJH11
玄関アプローチをみる
やはり道路から直接入る玄関は寂しいです。
狭小地でも余剰空間を利用すれば敷地内を歩き、到達までの
わくわく感を楽しめる演出空間をつくることができるのです。

SHH.03
1階玄関から階段室をみる
玄関の閉塞感を緩和するために正面に開口部を設けて視線
が抜けるように計画しました。結果として玄関の明るさと
広がり感を得ることができました。また、お客様を出迎える
ための演出効果として下駄箱の上下部分に間接照明を設けています。

YJH.04
2階リビングのテレビボード
設計当初から間接照明を利用した空間をつくりたいとご要望が
あり、ご主人のこだわりが詰まったテレビボードを特注家具
としてつくりました。間接照明が当たる部分の石がとても
高級感を演出してくれています。

YJH.05
2階リビングのテレビボード
日中は両脇の窓から自然光が射し込み、こちらもまた良い
雰囲気を醸し出してくれます。


YJH.06
2階リビングからインナーバルコニーをみる
インナーバルコニーに設けた壁と開口部により視線を コント
ロールして開放感がありつつ、リビングではゆっくりとくつろぐ
ことができる狙い通りの室内空間を実現することができました。
また、こちらのバルコニーで洗濯物を干すことができるのですが、
突然の雨や通行人からの視線を気にせず、安心して洗濯物を干す
ことができます。

YJH.07
2階キッチンをみる
L型のキッチンカウンターにキッチン家電や食器棚を背面に
設けた奥様こだわりのキッチンスペースになります。
たくさんの仕掛けがあって、とても使い易いキッチンです。

YJH.08
2階キッチンからパントリーをみる
料理好きの奥様でパントリーをご希望なさっていたので
キッチンに隣接するかたちでパントリーを設けました。
窓もあるので換気をすることもできて、とても衛生的な
空間になります。


YJH.09
3階主寝室をみる
木目調の壁面が特徴的な場所になります。
左側の窓からはうっそうとした緑を眺めることができ、
東京23区内とは思えない素敵な雰囲気です。


YJH.10
3階主寝室から東側に広がる景色をみる
周辺はまだ高い建物が少ないためご覧の通り、大きな空を眺め
られる素敵な場所です。また、カウンターにつながる階段を
利用してロフトに上がることもでき、想像以上に収納スペ
ースを確保することができ、お客様もビックリしていました。


TOP設計方針概要仕事の進め方設計料実績計画案お客様の声お問い合わせsitemaplinkfacebook

株式会社 五十嵐賢治建築設計事務所 / Kenji Igarashi and Associates CO.,LTD.
〒158-0082 東京都世田谷区等々力8-25-9モナーク等々力304
TEL:03-3702-8557
mail:igaken@igarashikenji.com/URL:http://www.igarashikenji.com/